Afterschool

Afterschoolの英語習得

 Listening はまず、語学習得の始めにくるインプット。
聞き取って内容がわからないと相手と意思疎通ができません。

Preschoolの生徒たちは、週に30時間、
Nativeの先生との触れ合いながら英語漬けのシャワーを浴び、
大体平均して入学後3か月半くらい経つと自然に、
生活の中で話す内容は、聞き取ることが出来るようになります。

Preschoolの生徒たちは、一度スクールの玄関をくぐると、
原則的に、英語で話をするように促されます。

もちろん、長期休みの後など、お友達や先生に
言いたいことが沢山あるときなどは、
自然に日本語を話し出すこともありますが、そんな時は
子どもの話したい気持ちを汲み取り、否定せず、
一人ひとりの言語の発達に応じ、
英語でどのように表現するかヒントを出しながら、
コミュニケーションの手助けをします。

4歳から行われる“Show and Tell”では、
お家から持ってきた「お友達に見せたいもの」について発表します。

年3回行われるPresentation(発表会)の場面では、
舞台の上で、学習テーマに沿って、
暗記した英文を観客の前で発表したり劇を披露する機会もあり、
将来、人前で自分の考えを発表する準備をします。

毎日、Preschoolで読む本は以下の、2種類があります。

Phonicsを使いながら、Readingそのものの練習をするための本と
テーマごとに語彙を増やしながら内容を学んでいく本です。

3歳の小さなうちから、インプットの一部として読む機会を
プログラムに入れてしまっているのがCosmos 流。

読みだすまでに少しばかりの努力と忍耐はいるものの
一度読めるようになったらこっちのもの。
子どもたちの毎日の生活は興味津々!
知りたいことややってみたいことに溢れています。

本は、そんな子どもたちの好奇心をくすぐるのに一役も二役もかってくれます。
例えば、ふだん目にする虫や動物のこと、世界や宇宙のこと、
自然のこと。
先生はどこから来たの?など、
それぞれ自ら色とりどりの絵本を使ってワクワクしながら
自然に学ぶようになります。

コスモスでは、4,5歳の年になると毎日、日記を書きだします。
この年齢で毎日々々書くことを習慣づけるのははっきり言ってとっても根気がいります。
しかし、一度習慣になってしまうとそれは、一生の身の財産となります。

はじめは、曜日や天気から次第に食べたものについて書いたりしながら、年長さんの5,6歳には、
「今日は誰と何の遊びをしたか。」「その時、どんな気持ちだったか。」「自分は、どうしたい。」
など気持ちも表現できるようになります。